消費者金融のイメージ

消費者金融にお金を借りる人、すべてではないだろうがお金にルーズな人が使用しているイメージ。
パチンコなどのギャンブル、キャバクラ、ホストをはじめとした水商売で使うため、風俗に行くためなど己の欲を抑えることができない人たちが一瞬の快楽・快感を求めてお金を借りているイメージです。週刊誌で読んだのですが、男性よりも女性の方がお金を借りる率っていうのが高いようです。昔はそうではなかったようなのですが。。。その女性というのも主婦層の借入(http://xn--eckwa5pr52i9ym.net/)が多いようですね。不景気がまだまだ続いているとか、主婦は自分で自由に使えるお金がないとかっていう理由を書いてありました。

また、金利が高そうというイメージも最近の弁護士事務所が債務整理するという広告をうっていることからも推測できます。自身の収入と支出のコントロールができずに借りて、返す。少し考えればお金を借りるのは親切で貸してくれるわけではなく、消費者金融もビジネスですから無利子というわけにはいきません。借りることで返す際に金利を払っていることがもったいないと思わないのがやはりお金にだらしがない人が利用するという印象をさらに強くします。
偏見かもしれませんが、イメージなどで更に書くと、計画性もないのかなと思ってしまいます。お金を借りて返すときにパチンコに依存している人たちは勝つことで返済できる、今日こそは、今後こそはと根拠のない自信と勝つことを前提とした返済計画がそもそも無理だと思いますし、欲望にかられ散在するために食費などをジャンクフードや簡単なもので済ませ自炊することもないような感じがします。身なりにも気を使わず、安いものでなんでもかんでも済ませようとするといった発想にあることからも計画的になにかを行うことができず、返済計画自体が破綻しているため返せるあてのないものを返すために別のところから借りて、返せなくなったらまた借りてといった負のスパイラル上にいるのが利用者だと思います。私は利用したことがないし、この先も利用することがないようにしたいと思っているので偏見かもしれませんが、私が抱く消費者金融のイメージはこんなものところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>